コレステロールを下げる食品でコレステロールを確実に下げる

コレステロールが上がる原因とはなんでしょうか?その原因となるものが3つあります。コレステロールが上がる原因と、その1つの原因でもあるコレステロールをあげる食品を紹介しています。原因がわかればもう怖くない!

コレステロールが上がる原因とはなんでしょうか?その原因となるものが3つあります。コレステロールが上がる原因と、その1つの原因でもあるコレステロールをあげる食品を紹介しています。原因がわかればもう怖くない!

コレステロールが上がる3つの理由

コレステロール値はただ、ぼーっとしていても上がりません。

風邪をひいてウイルスがやっつけるために熱があがるようにコレステロール値が上がるのも体がその原因に対して何かしら対策をとっているから。
いわば体からのSOSとなるわけです。

そのコレステロールが上がる原因というのが3つあります。

① 遺伝的なもの
② 食生活や生活習慣によるもの
③ もととなる病気によりもの


この中で、一般的に言われるのが②の食生活や生活習慣によるも。

具体的に挙げると

☆ 消化できる以上のものを食べ過ぎている。
☆ 肥満によって体に必要以上の脂肪がたまっている状態になっている。
☆ コレステロールや飽和脂肪酸を多く含んだ食品の摂り過ぎている。
☆ 食物繊維が不足している。
☆ 運動不足。

などです。


ここで、コレステロールが上がる原因はわかりましたが、このコレステロールが高い状態にしておくとどうなってしまうのか?

コレステロールが高いとどうしていけないのでしょうか?


実は、コレステロールが高いだけでは特にきついとかだるいとかそういう症状は出てこないので問題がないけども、放っておいてそのままにしておくと動脈硬化が促進され脳梗塞や心筋梗塞になる確率があがります。

だからコレステロールが高いだけで真っ青になることはないけども、「きちんとした対策をしないと大変な病気になる確率が高くなるので気をつけなければいけないよ。」という体が警告しているというわけ。


実際に、知り合いが以前
「コレステロールが高いんだよね。」とぼやいていた後、突然「脳梗塞」になり、今でも右手右足が不自由で大変な思いをしています。 


コレステロールが高いことが直接脳梗塞につながったということはないのかもしれません。

ただ、 「コレステロールが高いんだよね。」とぼやいていた時にきちんと対処していていたら…

検査結果の数値を真摯に受け止めて自分の生活習慣を見直すことは年とともにとても大事になってくるんですね。


では、どうすればコレステロールを下げることができるのか?
具体的な方法として挙げられるのが

☆ 食物繊維をたくさんとる。
☆ 運動をする
☆ 腹八分にする

 

コレステロールを下げる食品

特に、コレステロールの3割は食事から作られているので、まず気をつけなければいけないのは、「食事」。

実際、食品には、「コレステロールを下げてくれる食品」と「コレステロールが上がる食品」があります。

コレステロール値でひっかかってしまった今の状態であれば気をつけて食品を選ぶことだとお医者さんも教えてくれたぐらい食事って大事。


特に、コレステロールを上げてしまっている食事を少しでも減らすことにまずポイントを押さえておきたいところ。

その「コレステロールを上げる食品」の代表的なものを次は紹介します。

コレステロールが上げる食品とは?

コレステロール値を上げる食品


コレステロールを上げる食べ物は、大きく言うと、洋菓子類などのお砂糖たっぷり、バターたっぷり、乳製品たっぷりのもの。
ラードなどの油、さらに油であげたものです。

・ケーキのクリームなどの乳脂肪分
・加工食品
・ポテトチップス
・卵類
・ラードなどの肉の脂身


ちなみに鶏卵とコレステロールに関しては、現在研究が進んでおりまた違った見解が出ているのでこれからも注意したいところ。
その研究内容としては・・・

コレステロールが上がる実験対象がうさぎであり健康な24人の人が実験。実験の内容は、毎日2個の卵を6週間摂取したところ、HDL(善玉)コレステロールが10%増加したことが判明。

さらに、99年には、ハーバード大学の研究者たちが、健康な人は1日1個の卵を食べても、心疾患や脳卒中のリスクにはほとんど影響がないと発表。

そして2006年、コネチカット大学の研究者は、コレステロールを多く含む食品を食べても、血中コレステロール値はほとんど無関係と発表。


卵を一度に大量に食べることは推奨できないものの、健康な人なら、栄養食品として毎日1個は食べたい食品ともいえます。

ただし、高LDL(悪玉)コレステロール血症患者や糖尿病患者などは、依然、卵の摂取には慎重にならないければいけない場合もあります。

コレステロールを多く含む食品

お酒のおつまみになりそうなものは要注意です。

・魚卵
・レバー
・タコやイカ
・うに
・マヨネーズ
・桜エビ
・鶏肉



代表的な「コレステロールを上げる食品」そして「コレステロールを多く含む食品」をあげました。

コレステロールを下げたいな・・・と思っている人は、積極的にとる食品とあまりとってはいけない食品をきちんと見極めて食べなければなりません。

しかし、毎日忙しく仕事や家事だけで手いっぱいなのに、生活習慣を変えるのはなかなか大変。

さらに、食生活を急に変えるのもとても大変です。本当にストレスがたまります。


仕事をしている方であれば、

「コレステロールが高いので・・・」と飲み会や接待をキャンセルしたり、ご飯を残したりするのは大変失礼にあたるでしょう。

体に悪いとわかっていてもどうしようもできないという状況に直面することがあるかと思います。

そんな方は、サプリメントを上手に使ってみるのも一つの方法です。

実は、賢い人ほど、食事や生活をストレスない程度に少し変え、上手にサプリメントを利用しています。

食事だけであまり効果が実感できない人もサプリを取り入れることでその効果は加速します。

 

実際飲んでみて実感できたもの、評判がよかったものをランキング形式で紹介しています。
>> サプリメントランキング