コレステロールを下げる食品でコレステロールを確実に下げる

コレステロールの値が気になる。コレステロールを下げて下さいと病院で言われてしまった。そもそもコレステロールってなんだろう。まずはコレステロールの基本から、そしてコレステロールを下げる食品までいろいろとコレステロールについて紹介していきます。

コレステロールの値が気になる。コレステロールを下げて下さいと病院で言われてしまった。そもそもコレステロールってなんだろう。まずはコレステロールの基本から、そしてコレステロールを下げる食品までいろいろとコレステロールについて紹介していきます。

コレステロールとは

コレステロールとは・・・細胞膜を生成する必要な要素で、生きていく上で欠かせない「脂質」の一種のことを言います。



コレステロールをいうと、病院の健康診断時の検査で「コレステロールをさげてください。」と言われたり(私のその一人なのですが・・・)テレビやラジオの健康情報番組などで、「コレステロール=悪いもの」というイメージがありますが、実は体にとっては必要なもので、コレステロールは体全体に存在しています。



そのコレステロールの役割は、

・細胞を包む細胞膜の原料になる。
・ビタミンDの合成に使われ、心身の活力を高める副腎皮質ホルモンや、脂肪の消化を助ける胆汁酸の材料になる。

などがあります。



このコレステロールですが、肝臓で合成されていて、1日に必要とされる量は、 1,000~1,500mgといわれています。
また、食物から摂ったりもします。そのコレステロールの比率としてコレステロールの2/3を体内でを生成し、残りの1/3を食物から摂取しています。

コレステロールには種類がある!

コレステロールには種類があります。
それが善玉コレステロール、悪玉コレステロールと言われるものです。




善玉コレステロール、悪玉コレステロールは、コレステロールの役割(正確には、リポタンパク質の違い)と影響によって分けられています。
簡単にそれぞれ”善玉コレステロール”と”悪玉コレステロール”について説明します。


・悪玉コレステロール(LDLコレステロール)
体の各所に必要なコレステロールを血流に乗って運ぶ役割をしています。


運びすぎると血管内壁にへばりついてしまい、そのまま放置すると”動脈硬化”の原因となります。

動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症や脳梗塞のリスクを高めることから、LDLコレステロールが「悪玉」と言われる所以です。 それでも、悪玉コレステロールは、生きていくのに欠かせない役割を担っています。




・善玉コレステロール(HDLコレステロール)
善玉コレステロールと言われるHDLコレステロールは、逆に余ったコレステロールを運び出す役割をします。

体に悪影響を与える量のコレステロールを細胞壁から運び出す働きをしてくれているので「善玉」と言われています。


ちなみに、この善玉コレステロールと悪玉コレステロールをまとめたものが総コレステロールです。

健康診断や血液検査などでは、総コレステロール値、LDL値、HDL値でそれぞれチェックされます。

コレステロール値で正常範囲とは?

コレステロール値の正常範囲についてですが、


● 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)・・・ 140mg/dl以上
● 善玉コレステロール(HDLコレステロール)・・・ 40mg/dl未満


がコレステロール値の基準で、この基準値に当てはまらなければ、正常値と言われています。


この値は、日本動脈硬化学会の「動脈硬化の病気を防ぐガイドブック」で掲載されています。
>> 
日本動脈硬化学会の「動脈硬化の病気を防ぐガイドブック」
 



コレステロール値と病気の関係ですが、まずはコレステロール値によって「動脈硬化」のリスクがあるそうです。
この数値の目安としては、


・ 悪玉コレステロール(LDLコレステロール)----------140mg/dl以上
・ 善玉コレステロール(HDLコレステロール)----------40mg/dl未満
・ 中性脂肪(トリグリセライド)----------------------150mg/dl以上


増えすぎた悪玉コレステロールは、動脈の血管の内側にこぶ(プラーク)を作って血流を悪くして、ある日突然、血液が詰まり、最悪の場合には血管を破裂させます。



血管の状態を悪化させてしまう原因として・・・

・高血圧
・タバコ
・糖尿病
・男性45歳以上または女性55歳以上
・心臓病を起こした家族がいる
・善玉コレステロールが少ない

これがリスクが高い6つの危険因子なんだそうです。